妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
小豆洗い (あずきあらい)

 日本各地に伝わる妖怪。
 川や井戸などで小豆を洗う音をたてるもので、その正体は狸だとか、山寺の小僧の霊だとも云われる。地方によっては小豆磨ぎ、小豆さらさら、小豆ごしゃごしゃなどの名前で同様の妖怪が伝承されている。

 

小豆あらい
山寺の小僧 谷川に行てあづきを洗ひ居たりしを同宿の坊主意趣ありて谷川へつき落しけるが岩にうたれて死したり それよりして彼小僧の霊魂おりおり出て小豆をあらひ泣つ笑ひつなす事になんありし

『絵本百物語』 桃山人 著、竹原春泉 画 1841

 

小豆あらい
 名東みょうどう八万はちまん村に冷川つめたがわという小さい、しかし清らかな小川がある。そこに冷橋つめたばしという橋が架かっている。この橋の付近に小豆あずき洗いという狸がいて、夜更けになると、時々小桶で小豆を洗うような音をさせる。その日の夕方などに、土地の者がその橋の下あたりで、豆とか米とかを洗うと、その晩は必ず小豆洗いの音がはっきりと聞こえる。しかし人がその音を慕って近づくと、その音はいつしか遥かな向こうの方へ移って聞こえるという。

『阿波の狸の話』 笠井新也 1927

 

二、小豆洗い。狸の居る所には、この話も附物である。人家の軒又は寺の庭なぞで、深夜ザクザクザクザクと小豆を洗う様な音を立てる。磐城地方の語り伝えでは「小豆洗いましょうか、人捕って食いましょうか」と狸が歌を歌いながらザクザクと音を立てると云っている。これは別に不思議なことではなく、足で小石を掻き集め音を立てるのである。歌を歌うと云うことは、信ずべきことでない。

『狸考』 佐藤隆三 1934

 

アズキトギ 又小豆洗いとも、小豆さらさらともいう。水のほとりで小豆を磨ぐような音がするといい、こういう名の怪物が居て音をさせるともいう。その場処はきまって居て、どこへでも自由に出るというわけで無い。大晦日の晩だけ出るという処もある(阿哲)。或は貉の所行といい(東筑摩)、又は蝦蟇が小豆磨ぎに化けるともいう(雄勝)。不思議は寧ろその分布の弘い点に在る。西は中国、四国、九州、中部、関東、奥羽にも居らぬという処は殆ど無い。何故に物は見もせずに、磨ぐのを小豆ときめたかも奇怪である。或はこの怪を小豆磨ぎ婆様、又は米磨ぎ婆と呼ぶ例もある(芳賀)。信州北佐久郡の某地の井では、大昔荒神様が白装束で出て、
  お米とぎやしょか人取って食いやしょかショキショキ
といいながら、米を磨いでは井の中へこぼしたと伝え、今でも水の色の白い井戸が残って居る(口碑集)。この言葉も全国諸処の小豆磨ぎの怪が、口にするという文句であってその話の分布も中々弘い。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

 

小豆洗いの歌

 小豆洗いは小豆を洗うような音をたてる妖怪であるが、佐藤隆三の『狸考』や柳田國男の「妖怪名彙」で言及されているように、歌までうたうと伝える地方もある。
 佐藤隆三は「信ずべきことでない」と言うが、ここではその歌詞を二例、挙げておく。

「小豆磨ぎやしょか人取って食いやしょか、しょきしょき」(長野県の小豆磨ぎ)
「小豆磨ごうか人とって噛もうか」(新潟県の小豆洗い)

 

日本各地に伝わる小豆洗いの類

 小豆洗いに類似する妖怪の名称を以下にまとめた。

  • 岩手県 - 小豆とげ
  • 宮城県 - 小豆洗い婆
  • 栃木県 - 小豆磨ぎ婆様
  • 群馬県 - 小豆磨ぎ婆さん
  • 埼玉県 - 小豆投げ、小豆婆
  • 山梨県 - 小豆そぎ、小豆そぎ婆
  • 長野県 - 小豆ごしゃごしゃ
  • 鳥取県 - 小豆こし
  • 岡山県 - あずい洗い、小豆洗い狐、小豆さらさら、小豆摺り
  • 広島県 - 小豆とぎ
  • 山口県 - 小豆とぎ
  • 香川県 - 小豆やら

『絵本百物語』 桃山人 著、竹原春泉 画 1841


Amazonの妖怪商品

参考文献

本妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『狸考』 佐藤隆三 郷土研究社 1934
本妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977
本桃山人夜話 絵本百物語 (角川ソフィア文庫)』 竹原春泉 角川書店 2006
本阿波の狸の話 (中公文庫)』 笠井新也 中央公論新社 2009

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR