妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
置いてけ堀 (おいてけぼり)

 東京都、埼玉県に伝わる怪異。

 

東京都の伝承

 本所七不思議のひとつ。かつて本所(墨田区)に堀があった。その堀で釣りをしていると、「置いてけ、置いてけ」という声がどこからか聞こえてくる。気のせいかと思いながら帰ると足がすくむ。そして、いつの間にか釣った魚がなくなっていたと云う。

 足立区にも置いてけ堀があったそうで、こちらは千住七不思議のひとつに数えられている。釣った魚のうち3匹を返せば問題ないが、1匹も返さないで帰ろうとすると、葦の草原で迷ったり、魚籠をひっくり返されて釣った魚を奪われたりしたと云う。

 また、台東区の榊神社の近くにも置いてけ堀という溜池が存在したと云う。農民がここで河童の皿を釣ったことがあり、皿を返してもらいたい河童は「置いてけ」と言ったそうだ。

 

埼玉県の伝承

オイテケボリ 置いてけ堀という処は川越地方にもある。魚を釣るとよく釣れるが、帰るとなるとどこからとも無く、置いてけ置いてけという声がする。魚を全部返すまでこの声が止まぬという。本所七不思議の置いてけ堀などは、何を置いて行くのか判らぬようになったが、元はそれも多分魚の主が物をいった例であろう。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

『本所七不思議之内 置行堀』 歌川国輝(三代目) 1886

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR