妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
送り犬 (おくりいぬ)

 長野県、兵庫県に伝わる妖怪。

 

オクリイヌ 又送狼ともいうも同じである。これに関する話は全国に充ち、その種類が三つ四つを出でない。狼に二種あって、旅犬は群を為して恐ろしく、送犬はそれを防衛してくれるというように説くものと、転べば食おうと思って踉いて来るというのとの中間に、幸いに転ばずに家まで帰り着くと、送って貰った御礼に草鞋片足と握飯一つを投げて与えると、飯を喰い草鞋を口にくわえて還って行ったなどという話もある(播磨加東)。転んでも「先ず一服」と休むような掛声をすればそれでも食おうとしない。つまり害意よりも好意の方が、まだ若干は多いように想像せられて居るのである。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

 

長野県の伝承

 塩田へ嫁に来た女が臨月になり、里方に帰ることになった。しかし、その道中で産気づいてしまい、女は山の中で赤子を産んだ。そのうち夜になって、女のそばに何頭もの送り犬が集まってきた。女は恐れ、「おれを食うなら食ってしまえ」と言ったが、送り犬は女を襲おうとしない。むしろ狼から守っているようだった。やがて2頭の送り犬が女の亭主が暮らす家まで行って、亭主を女のいるところへ引っ張って連れて行った。そのおかげで女と赤子は無事に亭主に見つけてもらうことができた。家に戻ると、亭主は赤飯を送り犬にふるまったそうだ。

参考文献

本妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR