妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
筬火 (おさび)

 宮崎県に伝わる妖怪。

 

オサビ 日向の延岡附近の三角池という池では、雨の降る晩には筬火おさびというのが二つ出る。明治のなかば迄は折々これを見た人があった。昔二人の女が筬を返せ返したで争いをして池に落ちて死んだ。それで今なお二つの火が現われて喧嘩をするのだと伝えて居る(延岡雑記)。二つの火が一しょに出るという話は、名古屋附近にもあった。これは勘太郎火と称してその婆と二人づれであった。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR