妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
児啼爺 (こなきじじい)

 徳島県に伝わる妖怪。

 

コナキジジ 阿波の山分の村々で、山奥に居るという怪。形は爺だというが赤児の啼声をする。或は赤児の形に化けて山中で啼いているともいうのはこしらえ話らしい。人が哀れに思って抱上げると俄かに重く放そうとしてもしがみ付いて離れず、しまいにはその人の命を取るなどと、ウブメやウバリオンと近い話になって居る。木屋平の村でゴギャ啼キが来るといって子供を嚇すのも、この児啼爺のことをいうらしい。ゴギャゴギャと啼いて山中をうろつく一本足の怪物といい、又この物が啼くと地震があるともいう。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

Amazonの妖怪商品

参考文献

本妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR