妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
洗濯狐 (せんだくきつね)

 静岡県に伝わる妖怪。

 

   ○ 洗濯狐 (引佐郡麁玉村)
 引佐郡麁玉村宮口東に平釜川といわれている二間位の巾の流れがある。附近に寺があり、木が茂って居る所があるが、夜になると狐が出て川岸でザブザブ物を洗う音が通る人に聞えると云われて居る。普通洗濯狐といわれている。狐の居る事は事実だそうだが、洗濯するかどうかは、はっきりしない。(大西とき子)

『静岡県伝説昔話集』 静岡県女子師範学校郷土研究会 編 静岡谷島屋書店 1934

* * *

センダクキツネ 洗濯狐。夜になると水の岸に出て、ざぶざぶと物を洗う音をさせる怪。遠州西部ではその作者を狐ときめて居る(静岡県伝説昔話集)。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『静岡県伝説昔話集』 静岡県女子師範学校郷土研究会 編 静岡谷島屋書店 1934
本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR