妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
杓子岩 (しゃくしいわ)

 岡山県に伝わる怪石。

 

   (六)杓子岩
 泉村大字箱舊箱神社の近傍に在り。夜間この傍を通過する時は岩より「味噌を呉れ」と言いて杓子を突き出したりと依ってこの名あり。

『苫田郡誌』 苫田郡教育会 1927

* * *

シャクシイワ 作州箱村の箱神社の近傍に在る杓子岩は、夜間人が通ると味噌をくれといって杓子を突出したのでこの名があるという(苫田郡誌)。味噌を持ってあるく人もそう有るまいから、これはもと味噌を供えて祭った石かと思われる。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『苫田郡誌』 苫田郡教育会 1927
本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR