妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
白坊主 (しろぼうず)

 静岡県、三重県、大阪府、広島県に伝わる妖怪。

 

静岡県の伝承

○ どんどん焼と白坊主 (富士郡芝富村)
 長貫では以前からどんどん焼をやっていない。それは昔、どんどん焼をしていると白鳥山から白坊主が「ほーいほーい」としきりに呼ぶので、気味悪くなってやめてしまった。その次の年に又どんどん焼をはじめると同じ様に白坊主が呼ぶので、それ以来この行事は取止めてしまう事にした。(佐野あき)

『静岡県伝説昔話集』 静岡県女子師範学校郷土研究会 編 静岡谷島屋書店 1934

 

大阪府の伝承

シロボウズ 泉州では夜分路の上でこの怪に遭うという畏怖が今もまだ少し残って居る。狸が化けるもののようにいうが無論確かな話でない。狐は藍縞の着物を着て出るというから、この白坊主とは別である。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

 

広島県の伝承

 安芸郡倉橋町に伝わる。脚に継ぎ木をした河童が2メートルぐらいの白坊主に化け、人を驚かせると云う。

Amazonの妖怪商品

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『静岡県伝説昔話集』 静岡県女子師範学校郷土研究会 編 静岡谷島屋書店 1934
本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR