妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
袖引小僧 (そでひきこぞう)

 埼玉県に伝わる妖怪。

 

袖引小僧 比企郡中山村
昔、夕暮上廓の辺を通ると後から袖を引く者がある。驚いて振返ると誰もいない。歩き出すと又袖を引かれる。誰ともなく袖引小僧といった。

『川越地方郷土研究 第一巻 第四冊 完結篇』 埼玉県立川越高等女学校 1938

* * *

ソデヒキコゾウ 埼玉県西部では袖引小僧の怪を説く村が多い。時は夕方路を通ると後から袖を引く者がある。驚いて振返ると誰も居ない。あるき出すと又引かれる(川越地方郷土研究)。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『川越地方郷土研究 第一巻 第四冊 完結篇』 埼玉県立川越高等女学校 1938
本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR