妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
砂掛け婆 (すなかけばばあ)

 奈良県、兵庫県に伝わる妖怪。

 

奈良県の伝承

 

スナカケババ 奈良県では処々でいう。御社の淋しい森の蔭などを通ると砂をばらばらと振掛けて人を嚇す。姿を見た人は無いという(大和昔譚)のに婆といって居る。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

 

兵庫県の伝承

 西宮市今津のオーヒガッサンの隣に借家があって、その家の松の木にスナカケババが現れたと云う。夜にそのあたりを通ると狸が頭上で砂をかける音をさせる。だが、砂そのものは見当たらないのだそうだ。

Amazonの妖怪商品

参考文献

本妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000
本日本怪談集 妖怪篇 上 (中公文庫BIBLIO)』 今野圓輔 中央公論新社 2004

 

引用文献の底本

本妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR