妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
砂撒狸 (すなまきだぬき)

 青森県、新潟県、愛知県、福岡県に伝わる妖怪。
 夜、道を歩いている人に狸が砂を掛けるのだという。

 

スナマキダヌキ 砂撒狸は佐渡のものが著名であるが、越後にも津軽にも又備中阿哲郡にも、砂まきという怪物が居るといい(郡誌)、越後のは狸とも又鼬の所属ともいう(三條南郷談)。筑後久留米の市中、又三井郡宮陣村などでは佐渡と同じに砂撒狸と呼んで居る。利根川中流の或堤防の樹でも、狸が川砂を身にまぶして登って居り、人が通ると身を振って砂を落したという話が残って居る(たぬき)。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR