妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
高坊主 (たかぼうず)

 香川県、徳島県、奈良県に伝わる妖怪。

 

香川県、徳島県の伝承

タカボウズ 讃岐の木田郡などで評判する怪物。背の途法も無く高い坊主で、道の四辻に居るという。阿波の山城谷などでは高入道、正夫谷という処に出る。見下せば小さくなるという(三好郡誌)。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

 

 徳島県では、麦の穂が出る時期に現れて、夕方まで遊んでいる子供を化かすという。

 

奈良県の伝承

 郡山町に伝わる。高さが一間(約1.8メートル)の、目や鼻や口のない坊主だという。正体は五佐右衛門狸やカドヘ狸だとされる。あるとき、その姿を見ても驚かない人間がいたので、どうにか驚かそうと思ったのか、次第に大きく膨らんでいって、とうとう腹が破裂してしまったそうだ。

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR