妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
畳叩き (たたみたたき)

 高知県に伝わる妖怪。

 

タタミタタキ 夜中に畳を叩くような音を立てる怪物。土佐ではこれを狸の所為として居る(土佐風俗と伝説)。和歌山附近ではこれをバタバタといい、冬の夜に限られ、続風土記には又宇治のこだまという話もある。広島でも冬の夜多くは雨北風の吹出しに、この声が六丁目七曲りの辺に起ると碌々雑話に見えて居る。そこには人が触れると痣になるという石があり、或はこの石の精がなすわざとも伝えられ、仍てこの石をバタバタ石と呼んで居た。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR