妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
釣瓶下ろし (つるべおろし)

 京都府、滋賀県、愛知県、岐阜県に伝わる妖怪。
 釣瓶や首が落下してくるというもの。地方によっては釣瓶落としとも呼ばれる。

 

ツルベオトシ 釣瓶落し又は釣瓶卸しという怪物が道に出るという話は、近畿、四国、九州にも分布して居る。井戸の桔槹きつこうというものが始めて用いられた当座、その突如たる運動に印象づけられた人々の、いい始めた名と思われる。この妖怪も大木の梢などから出しぬけに下がって来るというので怖れられたのである。或は大きな杉に鬼が住んで居て、下を人が通ると金の釣瓶ですくい上げたという話もある(愛知県伝説集)。人をさらうためだけなら金にも及ばなかったろう。何かこれには隠れた意味が有りそうである。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

 

 

滋賀県の伝承

 彦根市に伝わる。淋しい場所に木があって、釣瓶落ろし、あるいは釣瓶落としという妖怪がその木の枝から、人の頭上に釣瓶を落としたという。

 

京都府の伝承

 夜間、榧や松の大木の下を人が歩いていると、上から釣瓶や首が下りてきて、歩行者を引き上げて食べてしまうという話が伝わっている。
 曾我部村字法貴では「夜なべ済んだか釣瓶下ろそか、ぎいぎい」と言って下りてくるという。また、一本松とか与力松と呼ばれる松からも首が落ちてきて、やはり人を引き上げて食べてしまうのだが、食べた後は満腹になるのか、二、三日は下りてこなくなったそうだ。

 

岐阜県の伝承

 久瀬村津汲でも釣瓶落としと呼ばれる。昔、じろべえ坂に屋敷があって、その傍の大木から釣瓶を落としてきた。この木の下は昼間でも薄暗かったという。

『古今百物語評判』「西の岡の釣瓶おろし」 山岡元隣 著、山岡元恕 編 1686

参考文献

本 『全国妖怪事典 (小学館ライブラリー)』 千葉幹夫 編 小学館 1995
本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR