妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
薬缶坂 (やかんざか)

 東京都に伝わる怪異。
 この名前の坂が杉並区にある。

 

(一)薬罐阪 大字上荻窪字本村に俗称薬罐阪と呼べる傾斜路あり、昔雨の夜毎に阪の中程に薬罐の転がり居れる奇怪事ありて、この名を得たるよし。雨の深夜など、今も時として薬罐出づるなど云うものあり。

『東京府豊多摩郡誌』 東京府豊多摩郡役所 1916

* * *

ヤカンザカ 東京の近くにも、薬罐阪という気味の悪い処があった。夜分独り通ると薬罐が転がり出すなどといって居た(豊多摩郡誌)。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

参考文献

本 『妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本 『東京府豊多摩郡誌』 東京府豊多摩郡役所 1916
本 『妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本 『妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR