妖怪が刻まれた事典 妖怪が集う遊宴  はてなの虹
山の小僧 (やまのこぞう)

 静岡県に伝わる妖怪。
 群馬県でもヤマノコゾーという名前のみが伝えられている。

 

静岡県の伝承

 

ヤマノコゾウ 伊豆賀茂郡では山彦を山の小僧という。駿河でも山の婆々、遠江には山のおんばアという名もある。山彦という名も山の男ということだから元は一つである。或はこれを又アマンジャクという土地も関東にはある。天の邪鬼とも書いて、人の意に逆らう悪徳をもつというのも、やはりこの山中での経験では無かったかと思う。サトリという怪物があって人の心中を見抜くという昔話も、起りは口真似からそういう想像に走ったのであろう。

「妖怪名彙」 柳田國男 1938・1939

 

群馬県の伝承

 多野郡上野村では妖怪のことを「マドーモン」と呼び、その一種としてヤマノコゾーという名前が残っているのだが、すでに伝承が消滅しているので詳細は不明。

参考文献

本日本民俗文化資料集成 第七巻 憑きもの』 谷川健一 責任編集 三一書房 1990
本妖怪事典』 村上健司 毎日新聞社 2000

 

引用文献の底本

本妖怪談義 (現代選書)』 柳田國男 修道社 1956
本妖怪談義 (講談社学術文庫)』 柳田國男 講談社 1977

 


妖怪が刻まれた事典


妖怪が集う遊宴

 

PR